画帖のバナー

ぶろぐぱーつ

プロフィール

謡犬 ユネ

Author:謡犬 ユネ
味噌汁とわんこと手作りを愛する、のんびり変わり者。
創作ファンタジーゆる漫画、投稿しております。

☆過去作いろいろ
→http://p.booklog.jp/user
s/yuneutainu

☆他活動ず
→https://ime-nia.themedia.jp/

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最近の、ゆる夢

うら橋おうらい 65 【みちなるはし】 Aug 16, 2017
ココロびと ふぇすたむ 【ツァロンさん】 Aug 13, 2017
うら橋おうらい 64 【はしのつくtりて?】 Aug 12, 2017
うら橋 おうらい 63 【でっくのアタリ】 Aug 09, 2017
ココロびと ふぇすたむ 【ペクトランさん】 Aug 06, 2017

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
3808位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
180位
アクセスランキングを見る>>

アルバム

検索フォーム

ココロびと ふぇすたむ 【ネクトルさん】

Category : イラスト
こんにちは、どうも。

過去作で、うまく描いてあげられなかった人々が います。
そういう人々、どうしたらよいだろう?というのを、たびたび考えます。
夢でであった ふしぎな種族のへんてこ なんとかうまいぐあいに お話にするには…?


では、きょうのひと夢 どんなかな?
その一粒、ひんやりと しずけさの むこう…

・ ・ ・

n2809

星をのむ竜魚が 空を埋め尽くし
青く潤む皿のような鱗 残して 去った

よぶものを たずね さまようひと
青いうろこ 膝をつき みつめた

おなかのなかに めぐる銀河
眠りの泡と かたく澄む氷と うずまく蒸気が
ときに旅の 身を くだきちらし
ときに旅の 身を よせていやし

みずからを なにものだろうと 問うこころに
鱗のきらめき ひんやり照った

白銀の髪 ぴんと跳ね 鈴の音
惑星の海どこか 仲間の呼び声
かれらと新たな 星に住処を
きめて つくって そだててゆこう
だれにも だれも こわされない星

倒れそうだった 足取り げんき
白砂の原に長い影
いまは小さな 新星の長

・ ・ ・
それでは、大作家さんの人生のお話をみて、(おぉそうだったのか~)と思いつつメモしつつ、またの水曜日に。


人気ブログランキング       ブログランキングならblogram

 

 

ココロびと ふぇすたむ 【セーネさん】

Category : イラスト
こんにちは、どうも。

動物にも、 利き手(前足?)あるそうです。
もよりの・世界の もふもふは、右左どちらだろか?
その他 鳥さん等にも もしかしたら、なんやかや…


では、きょうのひと夢 どんなかな?
その一粒、空舞う歌の おにいさん…

・ ・ ・

n2702

目覚めるごとに 異なる館
歌をといわれ 浮遊し うたう
笑顔で聴く人 目を閉じ聴く人
しかしてそれは つかのまのこと

おなかのなかに 楽器がある
心動かす風をうけ さらさらと鳴れば
古代の伝説 記憶忘れても 古語の詞にのって


闇にかくれた 秘密の魔法骨董店
特級品の札ある 箱に
楽器と人形 ちらちら輝き 新たなあるじを待つ

おそらの翼使の 楽器ですよ
はらにおさめりゃ 記憶をなくして 目覚めます
お好きなときに めったに聴けぬ 音楽を


そこをどうやら 助けられ
新しい旅も 歌もやっぱり こころわきたち
あきれられても わいわい鳴らす

おなかのそとの あらゆるものにも 楽器があり
心動かす風をうけ さらさらと鳴れば
星間の夢 記憶忘れても 色とりどりの ねいろにのって

雲すら ふるふる 舞い寄る歌い手
3粒 はかなく強い旅の子らの おおらかな 風灯り

・ ・ ・
それでは、昆虫の羽根の色やかたちをなるほど~メモしつつ、またの水曜日に。


人気ブログランキング       ブログランキングならblogram

 

ココロびと ふぇすたむ 【カイネンさん】

Category : イラスト
こんにちは、どうも。

気になるえいがの題名をメモしました。
内容の空想も、観てみるのも、いろんな種類の物語がメモで並ぶのも、
なにやら ふしぎたのしみぽいんつ だなぁ…


では、きょうのひと夢 どんなかな?
その一粒、さむきことは あつきこと…

・ ・ ・


n2625

真っ赤な髪の 旅人のおなかは
ごうごうと燃える炉  その真ん中に
きんいろ陶器 あくまの心臓

あくまの仲良し 二角の黒馬
本当は少し おくびょうで
これで体は滅びぬと 足音高く 駆けまわる
あげた真ん中 こわれなければ

真っ赤な髪も ごうごうと
右手が謎の 生き物になった
触れたものを きんにも炭にも変える
据えた真ん中 あるかぎり


影でできた黒い廃館
枯れ木もじぶんに そっくりと
もともと炉だった おなかをかくし
幽霊貴族の おてつだい

こうでなければ ああでなければ
こころばかりが 青く 赤く
そうする そこにも 世界の意味の粒
しらぬま しられず 星の名残


じつはふしぎと へんてこだらけ
その中ながい 旅にたち
新たな惑星の はじまりの士に

旅のなかまと はじめての おおわらい
謎だらけが こんなに楽しいなんて


黒い館 見送るように ぼんやり遠く
得体の知れぬ 星間の 白い砂原 の旅人 3粒

いきいきと すこしあぶなっかしい輝きを
二角の夢くい馬 尾っぽゆらり と 眺めていたよ

・ ・ ・
それでは、海流のあれこれをなるほど~しつつ、ゴミベルトというのを知りつつ、またの水曜日に。


人気ブログランキング        ブログランキングならblogram

 

ココロびと ふぇすたむ 【わたからさん】

Category : イラスト
こんにちは、どうも。

色の表現は、色あい・明るさ・あざやかさ の 組み合わせだそうです。
月と太陽や喜怒哀楽その他、水と光と土(栄養)、紙とペンなど
いろんな「キホンの組み合わせ」あるんだなぁ…


では、きょうのひと夢 どんなかな?
その一粒、おおうみの どこかにも、ココロせいぶつが…

・ ・ ・

n2518

八月

西瓜 朝顔 青草の香り
祭りの光と 田の色 海色

泡のぼる青の 光おどる 砂原
巨大ないきもの まどろんでいる
体じゅうに 珊瑚と海草 それに 奇妙な小魚
歴年の眼 ほそめつつ

海が だれのでも なかった頃から いきていて
鮫も うとうと 休んでいく
水は続いて 包んでいるから へんてこ ゆるりと 旅行する

おや 不思議そうなのは ダイバーさん
貝や 魚や 宝石いっぱいの背中見て
手足ばたばた 驚いたのかな

仲間を呼んで も一度潜ると もういない

たべてくぶんは それぞれに
~すぎては ちょっとたいへん
それを 化石の昔から 知っている
海の底の まぼろし とうちゃん

蘭まっさかりの 竜宮のそば
花火と氷菓子を 背にあそばせ
ながいながい おひるね

・ ・ ・
それでは、デフォルメについてあれこれ考えつつ描いてみつつ、またの水曜日に。


人気ブログランキング        ブログランキングならblogram

 



ココロびと ふぇすたむ 【タルソムさん】

Category : イラスト
こんにちは、どうも。

植物と動物のあいだの生き物が大きく進化したら?
を、あれこれ思い浮かべていました。

太陽の光があれば からだのなかで栄養を作れて、
自分で移動していくこともできて

そういういきものがいる景色とは
ひとびと もしも その しすてむ なら
さてはて?


では、きょうのひと夢 どんなかな?
そのひと粒、ちいさなつののこの おもうこと…

・ ・ ・

n2411

路地のみずたまりに ぴちゃんと
うえこみの奥に がさっと
手に乗る程の影 とおりすぎた

かれは 虫ほどの身の あくまのこ
でもあくまって なんだろう?
いま あちこち ながれてく ひといきれに
お仲間みたいの まぎれているよ

いろいろしって 謎をといて
ひと 強気に あまり おそれなくなった

でも 生きてきた数十万年ぶんの
ひかる かげる だいじな何か
胚の過程のかたちのように 身のどこかに

あくまのみにっこ ひとにみえぬこ
蚊がさすくらいに つっついてみた
水つぶてほどの 威力では なかなか
でも 600余人 おどろかさねば かえれない

むかしむかし 最初の人間たち みつけた
おそれ たたかい 全身で わいわい喜ぶ ひとびとに
あくまの誰か ぐっときてしまったらしい

いかつく かれつで おぞましい
せんりつするほど うつくしい?
真似など およばせぬ 猛威でできた身に しみついた記憶
胚の過程のかたちのように 虫ほどの この どこかにも


あくまといえども いろいろいるけど
もっとああなら うまくいくのに

そう思いつつ へへっとわらい
夕暮れ ほらー映画の看板 見上げた

・ ・ ・
それでは、犬さんず の体型の種類をなるほど~しつつ またの水曜日に。


人気ブログランキング        ブログランキングならblogram

 

 

あれこれ

☆水、土曜日は「うら橋おうらい」、
日曜日は「ココロびと ふぇすたむ」をupしています。

【登場人物紹介】

レミン
(レミン)不思議な橋に迷い込む旅人。
よく動物に懐かれる。

ハルシタ
(ハルシタ)とても弱気な橋の住人。
頭から何か出てる。

フォルク
(フォルク)ハルシタの親?代わり。
主食は骨。


☆まとめ本はコチラ
☆創作LINEスタンプはコチラ
コメント付きイラスト集
素材ちらほら

☆その他りんく



人気ブログをblogramで分析 コミックルーム[WEB漫画検索サイト]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
☆イラストACで素材公開中

☆タイトルロゴのアイコンは、こちらで作りました。

リンク

RSSリンクの表示

かうんた

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ぶろぐぱーつ

クジラジャンプ

ブクログ